薄毛で悩んでいる男性…、多いと思います。

なんと、日本人の三人に一人は薄毛の悩みを持っているのだとか。

現在、思春期以降の男性の進行形脱毛症のことを、「AGA(Androgenetic Alopeci)」と呼んでいます。

額の生え際や頭の天辺の毛が薄くなり脱毛が進行する症状です。

一般的な症状としては、徐々に額が後退する、頭の天辺が薄くなるのが特徴です。

20代前後からスタートし35歳位までには、40パーセントもの男女がこの症状を実感するようです。

AGAが発症する理由としては、髪の毛の成長サイクルが短くなる点が挙げられます。

普通、髪の毛は生えてきて抜けるパターンを繰り返します。

通常はこのパターンが2~6年程度なのですが、AGAの場合は数ヶ月から1年程度と短くなります。

髪が成長しきる前に抜けてしまうのですから、薄毛になるのは当然と言えるでしょう。

しかし、実はAGAは治療可能な症状なのです。

治療しなければ症状はそのまま進行していってしまいます。

早めに医師に相談することをおすすめします。